住宅の雨漏りは湿気が充満する原因になる│二次被害予防でカビアウト

作業員

気になる費用

エクステリア

建物の顔となる外構フェンスは、綺麗に整えるだけで建物の印象が著しく良くなるでしょう。そのメリットは大きく、和洋中と自分の好きなデザインを自宅の外構フェンスに施しています。外構フェンスは、住宅内が人目に触れないほどの高さで設計されることが多いものです。住宅によっては、庭や縁側付きの住宅もあり、ゆっくりとくつろぎたいときに、通りを通っている人の姿が目につくと気になるものです。プライバシー保護の役割もある外構フェンスは、約190~200センチで設計すると、ある程度の人は覗けないものです。

レンガ積みやタイル張り、コンクリートなど外構フェンスのあり方はさまざまにあります。住宅の外観とイメージを合わせてもいいでしょう。外構フェンスは、施工する高さと面積によって費用が定まるので、予算と照らし合わせやすいよう最初の内で無料見積もりを出してもらいましょう。基本的には敷地面積に1万円前後掛けた費用が掛かると言われています。高さを出す分、素材を使用することにもなるので、高くすればするだけ費用も増していくでしょう。その費用を抑えたいのであれば、外構フェンスの高さを低くし、プライバシー保護の為に木を植える人も少なくありません。プライバシー保護となる外構フェンスは、自分の好きなように工夫がしやすい箇所だと言えます。

外構フェンスは、プライバシー保護の他に防犯の役割も担う為、人の侵入を防ぐことも考えて作るといいでしょう。高さのある生け垣であれば、侵入しようとしても乗り越えることが難しく、また登ろうとする際に枝のきしむ音で気づきやすいものです。どちらの分を大きくするかでもデザインが変わってくるので、業者と相談しながら決めていきましょう。